2011.11.28

娘のエレキ

中2の娘が、エレキを習いたいと言い出しました。

エレキなんて・・・。
私は今まで、触ったこともありません。

ギターだって、弾いたことがありません。

私が弾ける楽器は、ピアノを少々・・・。
それだけ。

娘も小学2年生からピアノを習っています。
今年発表会で弾いた曲は、ショパンの「華麗なる大円舞曲」。
この大曲を弾きこなせたことは、
娘にとっても私にとっても、大きな喜びでした。

そんな中、突然エレキとは・・・。
正直、少し驚きました。

でも、よく聞いてみると、
娘がエレキを弾いてみたいと思ったのは、
とても単純な理由がありました。

今、人気のあるアニメ「けいおん!」の影響だったのです。
小6の弟にまで、「単純やな〜」と言われいてる始末。
そう言えば、この子は小さいときからそうだった!
流行には敏感。
だから、「ラブベリ」も、「たまごっち」も、きちんと修了(?)して
大きくなってきました。
そして今は、「嵐」です。

正直言って、少し娘のことがうらやましいのです。
なぜかというと、私自身はいつもあまり流行にのれなくて、
学生時代も、アイドルに夢中になっている友だちに同調することが出来ず、
醒めている自分がいやだな、と思ったことがあったからです。

今でも、韓流やジャニーズに夢中、という風には
絶対になれない自分がいます。

だから、みんなが興味があることに興味が持てて、
うらやましいな、と思うのです。

ところで、この「けいおん!」というアニメがどんなのか、
子どもたちと一緒に、ちょっとDVDを観てみました。

ふ〜ん、なかなか可愛いでないの
女子高の女の子たちが、軽音部でバンドを組んでいるお話。
必ずかたわらに置いてあるのは、美味しそうなスウィーツ
登場人物の女の子たちが制服姿でエレキを演奏する姿は、
なるほど、とても可愛らしい。

あ〜、これに憧れてるんだ・・・。

私が若いころ、プリンセスプリンセスという女の子ばかりのバンドグループがデビューして人気が出たけれど、
あの頃、そういうのは画期的でした。
でも今では、全くめずらしいことではないですね。
時代は変わってきています。

でも、
娘は14歳で、
私が14歳の頃と何も変わることはないのです。
私だって、少女漫画やテレビドラマ、映画などを通して、
いろんな憧れをもちました。

あの頃の良さは、夢であって夢でないところですね。

今の娘のそういう気持ち、
大切にしたいと思います。

少し甘いかも・・・とは思いましたが、
娘には、「けいおん!」と同じタイプのエレキギターを
買ってあげました。
「絶対途中で投げ出さないこと。」を約束して・・・。

その約束に、娘は本当に嬉しそうに、顔を赤らめて「うん」とうなずきました。

素直に自分の力を信じる心。
本当に若いって、素晴らしいですね。


息子が名付けた、エレキの「ギーちゃん」。
この写真のスタイリングは、小4の次女。
自分のピンクのギターもちゃんと仲間に入れてます。

HI3C0164_convert_20111129062513.jpg


雑誌「spoon」12月号に特集されていたのを見て、
「けいおん!」の知名度の高さを認識しました。
表紙の絵は、バンドのメンバーたちが「お茶」をしてるところ。
このギャップが、魅力なのかも。
HI3C0165_convert_20111129062535.jpg


関連記事
スポンサーサイト