2012.02.28

映画「ブラック・スワン」

(この映画の内容、結末に触れていますので、ご注意願います。)

 ナタリー・ポートマン主演の映画「ブラック・スワン」を観ました。

この映画はバレエ映画ではなくて怖い話なんだ、ということだけ知っていました。
先日、主人がDVDを借りてきたので、一緒に観ることにしました。

ところが緊迫感がありすぎて、借りてきた本人が途中でギブアップ
あらら・・・
ドロドロ劇が苦手な主人には、刺激が強すぎたか・・・。
私は、ちょっと睡眠不足だったので寝てしまうかも、と思っていたけど、
とんでもない!
ものすごい力でぐい〜っと引き込まれて観ていました。
そして、エンドロールが静かに流れ始めると、思わず、
「は〜、しんどかった!」とそのまま床に倒れ込んでしまいました

そしてまず思ったことは、
カトリーヌドヌーブ主演の「反撥」に似てる!ということ。
あの映画も、若く美しい女性が神経症におかされて壊れていく姿が描かれていて、
すごく緊迫感があって怖かった。
何しろ、ドヌーブの演技がリアルで・・・。

「ブラック・スワン」には、血の出る場面がよくあって、
確かに目を背けたくなる時もありましたが、
ただ怖いだけの映画ではありません。
ジャンルで言えば、サイコホラーになるのかな?

ポートマン扮するバレリーナのニナが、
悲願である「白鳥の湖」の主役を射止めたところから、
観る側も激しく揺れ動くニナの心の中に引き込まれ、
心理的恐怖を味わうことになります。

純真な白鳥を演じるのは得意なのに、妖艶な黒鳥を上手く演じることが出来ないニナ。
そのために、それまでの控えめでお利口さんな自分の殻を破こうと格闘します。
その姿は、ニナを襲う幻覚の中で表されるのですが、
観ているうちに、現実なのか幻覚なのかもわからなくなってきます。
それはもう、と〜っても怖くて、ハラハラドキドキなのです。

黒鳥の大人の魅力を求める監督、主役を奪い取ろうとするライバル、
年を取り、お払い箱になったかつてのプリマドンナ、
こういう人たちがニナを苦しめ続けますが、
一番、ニナを追いつめている人がいます。
それは、一見、愛情深くニナを見守っているかのように見える、
彼女の母親です。

かつて自分もバレリーナだった母親がニナにかける言葉。
「かわいい子ね。」「こんなに頑張っているのだから大丈夫よ。」
「(自分がニナのために買ってきたケーキを食べないなら)捨てるわ。」
「私のようにはならないで。」「妊娠を後悔しているわけではないのよ。」
「あなたには無理よ。」

ああ、これだ〜。
別にバレリーナではなくでも、普通の母娘だって、
内面にはこういうものを孕んでいたりするのではないでしょうか。
愛情という名の束縛。
優しい母親の裏側にいる、鬼。

いっそのことバーンッと反抗すればいいのです。
とことん気持ちをぶつけるか、それがダメなら家を出るか。
でもニナは素直でいい子だから、それが出来ずにいるのです。
そして、心の均衡が取れなくなり、
正気を失っていくのです。

最後は立派に黒鳥を踊りきるけれど、
そのために犠牲にしたのは、結局自分自身。
皆が絶賛するなか、瀕死の白鳥を踊り終えたニナ自身の腹部からは血が流れ、ニナの意識は遠のいていきます。

心理学の本では、「母親殺し」という言葉が出てきます。
これは、本当に殺すのではないのです。
心の中で、今まで自分にとって全能であった「お母さん」を殺すことによって、
大人の自分になるのです。
大きな力でもって自分を飲み込もうとするおそろしい母親を、心の中から消すのです。

この映画は、大人への階段を踏み外してしまって、もがいている女性が、
数々の障害を乗り越えて(これが鬼気迫るものなのですが)
自分を再生していく話。
色んな解釈が出来ると思いますが、
私はそのように感じています。

ドヌーブの「反撥」は、
これまた大人になりきれず、人に対して病的に臆病になっている女性キャロルが、
自分に好意を持って近づいてくる男性を、恐怖のあまり殺してしまう怖いお話です。

1965年の白黒映画で、CGなどもちろんなく、効果音や陰影だけで
あれだけの緊迫感を表現しているところや、
ドヌーブが、髪の毛を神経質にさわるしぐさ、一点を見つめて歩いていく姿、
たったそんなところからも狂気が感じられて、
さすが、と思わされる映画です。

壁のあちこちから手がでてくる、怖いシーンが印象的ですが、
こちらも決してただのホラーではなく、
キャロルが見ている幻覚を表しているものなのです。

「ブラック・スワン」も「反撥」も、その評価には賛否両論があるようですが、
どちらも、すばらしい映画だと私は思います。


ロマン・ポランスキー監督の映画「反撥」のカトリーヌドヌーブ。
「ブラック・スワン」の監督も、この映画を意識していたよう。

HI3C0373_convert_20120228165307.jpg

HI3C0374_convert_20120228165109.jpg
関連記事
スポンサーサイト