2012.12.29

年末のごあいさつ

 いよいよ年の暮れ。

お世話になった方々と、ごあいさつを交わす。

子どものピアノの先生、お習字の先生、
そしてご近所の方々・・・。

お歳暮は、デパートからの配送ではなく、
手渡すのが好きだ。

忙しい時に、宅配便が来て、
ハンコを持って玄関に出る。

大きな包みを開けると、またゴミがでる。

そして、お礼の電話。

受け取るときの、これだけの所用を考えると、
やはり、持って行こう、と思う。

それに何より、笑顔を交わすことが出来る。

一年の締めくくり。

終わり良ければすべて良し、という気持ちで、
ご迷惑をかけたことも、水に流してもらえる気になるのだ。

そして、大晦日は、
いよいよ、己に対しての、締めくくり。

除夜の鐘をついて、
一年も、もろもろの、汚いものを流したい。

だから、
鐘を鳴らす瞬間まで、
残り少ない時間を、
やはりジタバタと、過ごして行こうと思っている。
関連記事
スポンサーサイト