2016.02.17

ズル休み

 次女が、学校に行きたくない、と言う。
一日くらいいいや、と思って、休ませた。

中二。
そんな時期である。

私も・・・。

実は、子どもには、絶対に言ってないけど、
よくズル休みをした。
遅刻なんて、常習犯だった。

理由は、ただ、だらだらとして、遅れていただけだった。

というより、
時間に拘束されることが、たまらなく嫌だった。

もっと、自由が良かった。

学校は、中三あたりから、全然面白くなくなった。

高校も同じ学校だったから、
緊張感なく、高三まで、だらだらと過ごした。

おそらく、今の私を知る人は、
こんなこと、信じられないだろう。

真面目で通っている、私である。

どうして、あんなだったのだろう。

一種の反抗期か?

有り難いことに、そんな昔の私を知る人は
今は付き合いがないし、
久しぶりに会ったとしても、
そんなこと忘れてるように感じる。

周りの大人たちも、
今みたいに、不登校だ、ニートだと、
大げさにさわぎたてることはなかった。

でも、大人になってから、
時々ふっと、思いだして、
秘かにそっと、あの頃の自分を恥じている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント