2017.01.30

麻乃佳世 その3

 私が当時、あまり麻乃佳世に注目しなかったのは、
静止しているときの姿の可憐さにくらべて
動いている姿が、あまり魅力的でなかったからだ。

それが今、なぜ、
当時のどの娘役よりも、愛おしく、懐かしく、感じるのだろう。

彼女の舞台人としての実力を問おうとは思わない。

宝塚という世界で、
娘役としての任を熟知し、また、その素質を持ち、
それを発揮することの出来た人。

それが麻乃佳世という、娘役。

退団してからも
そのイメージを守りつつ、加齢と闘いながら
ひたむきに舞台に立つ。

宝塚を退めてもなお、
ずっと妖精でありつづけようとしているかのようだ。

あの頃、私は自分と同じころの年齢のタカラジェンヌたちに、
自分を重ね合わせて観ていた。

今、どう頑張っても、あの頃と同じ熱心さで
宝塚を観ることはできない。

今は、あの頃とは、まったく違う目線で観ているのだ。


先日、娘といっしょに買い物に出かけたときに見つけた、
砂糖菓子のような色の
ふわりとしたコートをはおって出かけた。

お店やトイレに入るたび、
鏡で自分の姿を映してみる。

若すぎないか?

このコートは、娘くらいの子が着るコートで
私が着てたら、滑稽ではないか?

そんなことを心配しながら歩いていたら、
ピン!と来た。

麻乃佳世だ。

麻乃佳世は、これをやっているんだ、と。

ときどきふと、あの頃の自分に帰りたくなる。

そんなときは、
陸奥A子や大島弓子のマンガを読んだり、
ユーミンや松田聖子の歌を聞いたり、
昔の恋を思い出して、
密に胸をふるわせる。

宝塚歌劇も。

昔、あんなに娘役が好きだったわけが
ようやく分かった気がした。

今はなぜか、男役が好きだ。

麻乃佳世のような娘役が、
今はもういないからかもしれない。



o0480068113110510900.jpg

o0720041213079812863.jpg

o0480042212809920422.jpg

o0480048013055183332.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント