2017.03.18

どうしても嫌いな人

 嫌いな人って、誰でもいると思うけど
 私にも、います。

 人それぞれなのだから、いいとこを見つけて上手に付きあいましょうと、
 口で言うのは簡単だけど、そうそう出来るものではありません。

 人にはそんなアドバイスをしておきながら
 いざ、自分が渦中に入れば、まずは出来ないものだと思います。

 今、ある人が心の中からどいてくれず、
 私の心はやさぐれています。

 嫌いなのです。
 ただただ、腹が立つのです。

 これは、日にち薬だと思っています。

 そうそう毎日毎日、嫌い、嫌い、なんて
 思うことも又、人は出来ないものですから。

 どうしても、いい事を考えがちになるし、
 反面、嫌なことは忘れていきます。

 自然にそうなるまで、変に説教じみたことを自分に言い聞かせるのはやめて、
 嫌いの気持ちを抱えていようと思います。

 あー、嫌いだ。Mのヤツ。
 不幸になりやがれ、と思っている、
 人間の私。
関連記事
2017.01.30

何も解決していない。その2

 夜、ふとんで眠りにつくまでの少しの間
いつも考える事がある。

始めての恋について。

気恥ずかしいけど、本当。

相手の人は、40年近くたった今でも
こんな風に思い出してもらえて幸せだねー、なんて思う。

しかし、思い出してもらえることが、幸せなのかどうかはわからない。

美しい思い出だけではないからね。

でもひとつだけ、間違いのないことは、
あの時、私は、誰よりもいちばん幸せな女の子だと、感じたことだ。

私が、私自身の心で感じたこと。

相手がどうかは知らない。

その後、急転直下、不幸が一気にやってきたのだけど、
私は若くて、未来に希望があったから
乗り越えられた。

そしてまた、何年後かにもう一度ごていねいに
不幸が訪れた。

そして、その次も、また。

結局、向いてないんだな、って、思った。

それでも、今ちゃんと結婚して、子どももいて
幸せなんだけど。

恋なんて、
何だかわからないまま、大人になっちゃって
もうすぐ閉経を迎える、オバサンです。


関連記事
2017.01.30

麻乃佳世 その3

 私が当時、あまり麻乃佳世に注目しなかったのは、
静止しているときの姿の可憐さにくらべて
動いている姿が、あまり魅力的でなかったからだ。

それが今、なぜ、
当時のどの娘役よりも、愛おしく、懐かしく、感じるのだろう。

彼女の舞台人としての実力を問おうとは思わない。

宝塚という世界で、
娘役としての任を熟知し、また、その素質を持ち、
それを発揮することの出来た人。

それが麻乃佳世という、娘役。

退団してからも
そのイメージを守りつつ、加齢と闘いながら
ひたむきに舞台に立つ。

宝塚を退めてもなお、
ずっと妖精でありつづけようとしているかのようだ。

あの頃、私は自分と同じころの年齢のタカラジェンヌたちに、
自分を重ね合わせて観ていた。

今、どう頑張っても、あの頃と同じ熱心さで
宝塚を観ることはできない。

今は、あの頃とは、まったく違う目線で観ているのだ。


先日、娘といっしょに買い物に出かけたときに見つけた、
砂糖菓子のような色の
ふわりとしたコートをはおって出かけた。

お店やトイレに入るたび、
鏡で自分の姿を映してみる。

若すぎないか?

このコートは、娘くらいの子が着るコートで
私が着てたら、滑稽ではないか?

そんなことを心配しながら歩いていたら、
ピン!と来た。

麻乃佳世だ。

麻乃佳世は、これをやっているんだ、と。

ときどきふと、あの頃の自分に帰りたくなる。

そんなときは、
陸奥A子や大島弓子のマンガを読んだり、
ユーミンや松田聖子の歌を聞いたり、
昔の恋を思い出して、
密に胸をふるわせる。

宝塚歌劇も。

昔、あんなに娘役が好きだったわけが
ようやく分かった気がした。

今はなぜか、男役が好きだ。

麻乃佳世のような娘役が、
今はもういないからかもしれない。



o0480068113110510900.jpg

o0720041213079812863.jpg

o0480042212809920422.jpg

o0480048013055183332.jpg




関連記事
2017.01.29

麻乃佳世 その2


 「グランドホテル」の再演を観て。

初演をなぜ観なかったのか、
その後買って置いてあった、初演の実況CDを、なぜ捨ててしまったのか。
麻乃佳世のフラムシェンのプロマイドを、なぜ買っておかなかったのか。

後悔づくし、である。

おそらく、
初演よりも今回の再演の方が、総じて実力は上であったと思う。

涼風真世のダンスをちょっと垣間見ても、
麻乃佳世の固いダンスや演技を想像しても、
おそらく、おそらく、
今の人たちの方が、上手にやってるはずだ。

そこでまた、麻乃佳世に思いを馳せる。

宝塚歌劇入団当時から、現在に至るまで。

ただ、ストイック。

その一言につきる。

彼女については、
他のジェンヌの誰よりも
時の流れの残酷さを感じてしまうのはなぜだろう。

今も、こんなに頑張っているのに。

yjimage.jpeg

yjimage-1.jpeg

yjimage-4.jpeg

関連記事
2017.01.29

何も解決していない。

雨の日の日曜日。

外との交流、自分の仕事、これからの予定、
すべて頭から落として、
家の中で、静かに過ごす。

子どもたちもテスト前で、テンションが低い。

主人は確定申告の準備。

だれもしゃべらない。
テレビもついていない。
メールが来ても返事はあと回し。

ただ、だらだらと家事をかたづけながら
心は、あちこちに旅をする。

大島弓子。
麻乃佳世。
ターシャ・テューダー。
宝塚歌劇。
クイーン。
サマンサモスモスの洋服。
娘時代。

こんなものを頭にめぐらせながら、
ふと、思ったこと。

何も解決していない。

そうです。
何も、何も、解決していない。

大人になるとは、どういうことなんだろう。

解決することではなく、
忘れていくことなんだと思う。


関連記事